[UE4初心者向け]ゲームスタートからゲームクリアまで各マップを作ってみよう②

スポンサーリンク
超初心者向けゲームを作ってみよう
スポンサーリンク

ゲーム作りをしたことがない、UE4を初めて触る人にとってはスタートからゴールまでゲームを作るというのは、とても難しいことです。

この記事では、初心者のそんな悩みを解決するために書いていきます。

各章末に分かれた内容を作成することが出来れば、これからUE4でのゲーム開発をサクサク進めることが出来ると思います。

あきらめずに最後までとりあえずやってみましょう!

また今回は、ゲームを作るうえでシーン分けにをするのに重要なレベルの作成を行います。

 

初心者の方で作成方法を1から見たいという方がおりましたら、

本記事の前に以下のリンクから前の記事を確認してください。

本記事の前の記事

レベルの作成

レベルについて説明する前に作り方の説明をいたします。

ゲームレベルの内容

今回作るレベルは、タイトルレベルとゲームメインレベルです。

タイトルレベルでは、ゲームを始めるといったボタンを配置するという処理
ゲームメインレベルでは、ゲームをクリアーしたらタイトルに戻る処理

以上の2点を作成します。

ゲームレベルの作成方法

ゲームメインレベルの作成

ゲームメインレベルは、サードパーソンテンプレートで出てきた以下の画像のレベルを使います。

このレベルは、MapのThirdPersonExampleMapという名前で保存されています。

ゲームタイトルの説明は、以上です。

タイトルレベルの作成

今回はタイトルというテーマでレベルの作成を行いますが、

レベルの作成は、ゲームを作るときはよく使うものになるので、初心者の方はしっかり覚えておきましょう。

 

プロジェクトメニューバー→新規レベル
 
空のレベルをクリックする
 
現在のレベルを保存を押す
 
 
レベルの保存を行う
 
 
・レベルの保存は、ThirdPersonBP内のMapsに保存しました。
・保存のする際の名前は、Titleという名前にしました。
 
保存する場所と名前は任意で構いませんが、ゲームスタートからゲームクリアの記事を最初から読んでいる方は、同じフォルダ階層の同じ名前にするのをお勧めします。
 
 
 
コンテンツブラウザが以下の画像のようになれば完成です!

UnrealEngineのレベルの説明

レベルとは、ゲーム内のシーンを分けたデータ単位です。
 
例えば、今回の場合はタイトルやゲームメインに分かれていますが、リザルト画面や、別のステージやゲームオーバーなどシーンが分かれた場面にレベルで分けることが多いです。
 
これから先ゲームを作る前にどこを分けるのか、しっかり判断しながらゲームを作っていくようにしましょう

まとめ

今回は、レベルの作成をしました。

レベルの作成は今回だけではなくいつでも使うので、初心者の方はしっかり覚えておきましょう。

 

本サイトでは、アンリアルエンジンのステージ作成やBluePrintなどについてまとめている記事がいくつかありますので、よかったらほかの記事も見ていってください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました