Epic Games Launcher インストールしたゲームのフォルダ、ドライブを変更する

スポンサーリンク
UnrealEngineを始めよう!
スポンサーリンク

ゲームの保存先を移動して、認識させる方法

保存先を変えたいだけなのにもう一度ダウンロードからやり直しなんて馬鹿げてる!
きっとみんなそう思うはず。しかし現時点でEpic Games Launcherは、ゲームのインストール先の変更や再認識といった機能がないのです。

でも安心してください。この方法で再インストールをせずに別のドライブやフォルダに移すこどができます。以下の手順を参考にしてください。

例としてTotally Accurate Battle Simulator (TABS)というゲームのインストール先を

C:\Program Files\Epic Games\TABS
から
C:\Program Files\Epic Games\TABS_NewDirectory\TABS

へ移動させます。

※Epic Games Launcherの仕様で、指定されたフォルダの直下にそのゲームの名前のフォルダが自動で作成され、その下にゲームファイルがインストールされます。指定のパスはあくまでそのゲームの”フォルダ”を配置するパスになります。Aを指定したら”~A\ゲームのフォルダ”、Bを指定したら”~B\ゲームのフォルダ”となり、決してAやBがゲームの直接のインストール先フォルダになるこはありません。
TABSthumbnail

TABS

ゲームデータのコピー

まずは移動させたいゲームのデータを複製します。フォルダごとでも、中身のファイルだけでもいいので、元のゲームのインストール先の外に複製してください。

TABSが元の保存先、元のゲームファイルです。
例として今回はTABS_Copyというフォルダを作り、中にゲーム(TABS)のデータを丸ごとコピーしました。さらに、今回の目的の移動先であるTABS_NewDirectoryもつくっておきました。

Directory

ライブラリ内

ゲームのアンインストール

※上の手順のコピーを必ず先に行ってください。

移動したいゲームのアンインストールを行います。Epic Games Launcherのライブラリからアンインストールしてください。直接エクスプローラーからデータを消してしまうと、ランチャー上で不具合を起こします。もし不具合が発生したら。

Uninstall_TABS

アンインストールします

不具合が発生したらEpic Games Launcherを停止して再起動してください。ランチャーは隠れているインジケーターを開き、Epic Games Launcherのアイコンを右クリック、終了をクリックで停止させます。停止したら、もう一度ランチャーを起動してください。

CloseEpicLauncher

インジケーターからランチャーを停止

仮インストール

ゲームのインストールを実行します。インストール実行時に保存先を聞かれるので、参照をクリックして目的の保存先を指定します。ここでは

C:\Program Files\Epic Games\TABS_NewDirectoryを指定します。

インストールを実行すると普通にダウンロードとインストールが始まるので、ライブラリでクリックするか、タスクからインストールを一時停止してください。

SelectNewPath

目的の場所を指定

pose

一時停止

データの移動

ダウンロードを一時停止したら、またランチャーを停止してください。停止したまま、まずはコピーしておいたゲームのデータを移動させます。
以下の画像を見ると、先ほどアンインストールを行ったのでもとのTABSというフォルダはなくなっていますね。
次に新しい保存先であるTABS_NewDirectoryの中を見てみます。中にTABSというフォルダがあります。先ほどインストールを実行したときに作成されたフォルダです。ランチャーは今後そのゲームはこの中にあると認識しますコピーしておいたゲームのデータをここへ移動しましょう。

TABSFilesNewDirctory

移動先

~\TABS_NewDirectory\TABSの中にデータを入れます。管理者権限や上書きはすべて「はい」でOKです。

NewTABSDirectory

新しい保存先へデータをコピー

データを消してしまった!データを欠けさせてしまった!そんな時
心配ありません。すべてのデータがなくても大丈夫です。次の工程ではデータの認証を行います。これはランチャーがゲームのデータが完全な状態であるかを確認する作業です。ここで不足や破損を発見し、それを自動で修復します。
 もし「コピーし忘れた」や「コピーしたデータを消してた」など、1ファイルもデータがない場合は、普通にダウンロードとインストールが実行されるだけです。今回の努力は水の泡となってしまいますが、そんな悲しみを忘れさせてくれるのがゲームです。コーヒーを淹れ、タスクのプログレスバーを見つめながら待ちましょう・・・・。

データの認証

コピーが終わったらまたランチャーを起動します。自動または手動で、先ほど一時停止していたインストールを再開させます。するとデータが既に存在することを確認し、データの認証(チェック)が始まります。進捗が100%になり認証が終わるとインストールが完了し、プレイ可能になります。

checking

ゲームデータの認証が始まります。

readyToPlay

認証後、プレイ可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

これで一連の手順が終了です。別のドライブへの移動もこの方法でできます。応用することでゲームだけでなくUnreal Engine 4のエンジンも移動可能です。

複雑に見えますが、

1・データのコピー

2・アンインストール

3・仮インストールで新しい保存先を指定し、フォルダを作る

4・そこにデータを移す

5・認証でデータを読み込ませる

これだけなのです。

とは言え、早くSteamやその他のランチャーのように簡単にパスの再設定ができるようになると良いですね。

コメント

  1. みっくん より:

    はじめまして

     自作PCのシステムディスクにIntelのOptaneを導入したのですが、
    データ用ディスクにインストールしていたEpic Launcher内のゲームの起動を
    高速化したくて検索していたらここにたどり着きました。
     ご指南通りに実行したところ、うまくデータを移行することができ、
    快適になりました。
     どうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました